山田祐基 / YAMADA YUKI
H1.11.11生まれ。
2012年東京藝術大学デザイン科を卒業。同年、株式会社電通に入社。 アートディレクターとして働く傍ら、水や光、人と自然の無意識感覚をテーマにアート活動を続ける。 ライフワークとして一日一枚自画像を描き重ねる「重我像(じゅうがぞう)」を制作。 また、日本最南端の島「波照間島」に魅せられ、休みとあらば波照間島に通い、作品制作や文化の研究を行っている。 2015年より毎夏、京都にて「はてるま展」を主催する他、様々なメディアで活動を発表している。 自らのルーツを探り南下中。

展示歴/賞歴
2012年 映画「アトリエ・アーユル」/ AOYAMA FILMATE 2012 入賞
2012年 「脱メタボ!」/第7回公共広告ACジャパンCM学生賞 優秀賞
2015年 個展「会社を休みすぎたはてるま展」@nanakumo(京都)
2016年 個展「10日間だけのはてるま学校」@nanakumo(京都)
2016年 企画展招待作家@越後妻有里山現代美術館キナーレ(新潟)
2017年 個展「山田祐基 重我像展」@iTohen(大阪)
2017年 個展「水を巡る」@いやしろちギャラリー(沖縄)
2017年 「JAPANGRAPH沖縄号出版記念展」@グランフロント無印(大阪)
                      @iTohen(大阪)
                      @nanakumo(京都)
                      @平敷兼七ギャラリー(沖縄)
2017年 個展「祈豊年はてるま展」@仲底商店gallery+shop+cafe(沖縄)
2017年 二人展「心ここに展」@森の劇場牛臥(鳥取)